無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
失われたものへの憧憬−『私はこうして執事になった』と『細雪』
0

     

    ちょっと前に、書評だかTwitterだかで知った『私はこうして執事になった』(ロジーナ・ハリソン、白水社)を読んだ。舞台は20世紀初頭から第二次大戦前後まで。その頃のイギリス上流階級の家庭に仕えた執事(butler)や従僕(survant)が、自身の仕事や雇い主との交流をふり返るという回想録だ。執事、従僕という身分が見た「古き良きイギリス」という趣で全編が彩られている。

     

     

    いまだ階級の名残があるとされるイギリスにおいても、莫大な財力と社会的地位をともに備えた貴族は第二次大戦前後に漸減していったという。財政基盤が縮小した貴族は自ずと使用人たち−執事、従僕、メイド、庭番、運転手、家付きコックなどなど−の数を減らし、それに伴って継承されてきた「仕える側」の文化やしきたり、矜恃も失われ、もはや前時代の遺物となってしまった。興味深いのは、かつての雇用者−上流階級と被雇用者−労働者階級という峻別が、却って両者の深い結びつきを可能にし、一方でその区別が緩やかになった昨今は両者の交流も交歓も乏しくなっているという逆説だ。違うからこそお互いを主張し、対立もするが、それが結びつきや尊重に転換することもある。一方で違いが峻別ではなく連続的なものになったことで、互いへの尊重よりも妬みや対立が誘発されやすくなるということか。単純な回顧もののつもりで読んだのだが、なかなか深みのある本だった。

     

     

    私は文学部出身だからか、こうした昔を懐かしむ物語には常にゆかしさを感じる。読み終わって好みの本を読めたという満足感と失われたものへの憧憬が交錯したが、はて、こういう感覚を与える小説が日本にあったよなと考えてみたところすぐに思い出した−谷崎潤一郎の『細雪』−。

     

     

    谷崎の代表作の1つと言えるこの作品は戦前の阪神地方を舞台に旧家の四姉妹が織りなす日常を描いたものだが、物語の芯を貫いているのが結婚の問題だ。作中では三十路を過ぎて婚期を逃した(!)三女雪子の見合いと結婚、また自由奔放な新時代の女性として描かれる四女妙子の恋愛が中心に描かれるが、すでに結婚している長女鶴子、次女幸子(ともに「婿」を迎え、本家と分家として家を構える)の描かれ方にも、当時の結婚という制度の性格が色濃く現れる。

     

     

    細かい部分は措くが、雪子の見合い、妙子の恋愛に際しては「身分」という意識が根底に横たわっている。代々の大店はすでになく現状は没落と言わざるを得ないが、大阪の旧家に生まれ育った姉妹の「家柄」「家格」に対する矜恃、また「使用人筋」「出入り商人筋」の人間たちの、姉妹たちに対するへりくだった−「身分をわきまえた」−態度。映画、ドラマなどで扱われる「身分差」というのはことさら彼我の差を印象づける描き方をされるが、『細雪』で描かれるそれは極めて自然で、まただからこそ消し去りがたいものとして存在する。そして結婚に際してはこうした「身分」は第一優先的案件であり、うまくいったり行かなかったりする原因は、まずそこに求められる。

     

     

    また結婚制度とは家父長制での「家」のあり方を堅持するものであることはいうまでもない。未婚の雪子、妙子の結婚や恋愛は本家の主人である長女鶴子の夫、辰雄が管理するものであり、勝手な行動は許されない。もちろん最終判断も辰雄に委ねられているが、新時代の曙光が見え隠れするこの時代、いつまでもそれに拘泥するやりかたは葛藤やすれ違い、軋轢を生んだりもする。

     

     

    舞台がイギリスであっても日本であっても、「身分」は社会的に否定されるべきものであり、それが生み出すさまざまな制度的差別、区別はもちろん、意識の上のそれも忘れ去られるべきものだ。そのことに全く異論はない。とりわけ門地で差別されるようなありようは断固として否定すべきであり、それは論を俟たない。

     

     

    しかし一方で、失われたものに対する惜別と憧憬は、私の中では消し去りがたくある。−『私はこうして執事になった』に描かれる貴族生活の豪奢な日常とその輝き。そこに仕える者たちの、ささやかな楽しみや労働の喜び。『細雪』に描かれる、新上中流階級の贅沢な消費生活と有閑。家父長制のもたらす窮屈だが強固な結びつき。−陽だけ見て陰を見ないとのそしりもあろうが、陰影ともに色濃いからこそ、ゆかしき文化の輝きがそこにはある。

     

     

    失われたものと手に入れたものはその価値も含めて常に相対的だ。そのことに思いを馳せつつ、個人的には陰影ある時代の文化の残滓を少しばかり肯定的な眼で眺めたいと思う。

     

     

     

    | gen | 読書 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://gen-uine.jugem.jp/trackback/356