無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
緩やかな滑り出しー新中1スタートー
0

     

    今年の新中1は緩やかにスタートした。始まって約4週間たつが、英語はまだ単語のトレーニング、数学も正負の数の乗除に入ったところだ。

     

     

    勤務時代はとにかくスタートダッシュが肝心とばかりにかっ飛ばして授業をやっていたが、自分で塾を構えてからは中1の出だしは年々ゆっくりになっている(中2、中3はまた別だが)。今年はおそらく過去最もゆっくりで、なんだか自分でも心配になるくらいだ(笑)

     

     

    ゆっくり進める理由として、1つには「中1の最初からクラス定員がいっぱいにならない」というのがある。恥ずかしい話でもあるのだが、事実として進学塾Uineは中1の初めは大抵定員に余裕がある。徐々に入塾が増え、中2の初め頃にほぼ定員となる感じか。そんな状況でハイスピードで予習授業を行ったら、さすがに新入塾生の負担が大きくなりすぎてしまう。それを避けたいという思いが1つ。

     

     

    「新入塾生の負担」と書いた。「負担」を「負荷」と考えれば、適切に与えることは勉強において極めて重要なことがらだ。負荷のないところに成長は乏しく、負荷を乗り越える格闘こそが中学生にとって成長の源ともいえる。

     

     

    負荷は一線を越えると負担になる。その見極めが難しい。24年この仕事に携わっているが、今でも悩むし、失敗もする。塾での失敗とはすなわち退塾のことだ。せっかく出会えた生徒との別れが己の失敗によるものだとすれば、それは申し訳なく、悲しい。

     

     

    失敗を怖れて指導を加減することは塾を作った当初の志に反する。それは最も忌むべきことだ。しかし、自分の理想に準じるあまり負荷が負担に転じるのは、これもまた教育の末端を担うものとして、慎まなければならない。

     

     

    こんな背反する思いに悩みながら、年々中1生の指導は緩やかにスタートするようになっている。もちろん次第にペースとテンションを上げ、「いつもの進学塾Uineの指導」になっていくのであるが(実は「いつもの指導」も年々穏やかになっている。これはまた改めたい)、中学進学と新たな通塾という環境の変化は、生徒達にとってそもそも大きな負担であろうという思いが強い。

     

     

    年齢とともに丸くなったのかなとも思う。別にとんがり続ける必要はなく、丸くなること、自信の変化を受け入れる気持ちもあるが、そうならば別の部分で強さを磨いていかなければという思いもある。教務の精度、働きかけの熟練、教育に対する学びなおし…プラスの変化の余地が多いととらえたい。

     

     

    今日は単語テストだ。これまで何度も何度も繰り返してきた単語、約50個をまとめてテストする。十分な負荷だろう。合格できなければもう1度やる。できるまでやるのがいつもの進学塾Uineのスタイルだが、日程や目標はやはり緩やかにいきたい。新中1生、まだ時間はたっぷりある。

     

     

     

    | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://gen-uine.jugem.jp/trackback/355