無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
都立入試終了
0

     

    都立高校の合格発表が行われた。進学塾Uineでは今年も残念ながら合格させてあげられなかった生徒がいる。その非はすべて私が負いたい。私の生徒は、みな最後まで努力した。その「受験道」は決して恥じるものではなかった。ただ、受験の神様が本番で少しだけそっぽを向いてしまったのだ。

     

     

    ふり返ってみて、今年の都立入試も前途多難を予期していた。12月、冬期講習直前の時期にまず大丈夫だろうと見込みを立てられたのは1名のみ。ほとんどが模試では下位判定を連発したり乱高下を繰り返したりして、ギリギリとの予測を立てるしかなかった。

     

     

    それ以降は例年通り過去問演習とそれぞれの弱点補強を個別に行う形で進めたが、今年は直前で「繰り返し」よりも「新規問題」に当たることを重視した。これは機会を改めて書きたいテーマだが、繰り返しで力を身につけよう・安定させようとするよりも、新規の問題に当たって経験値を高める方が今年の中3にとってはよいだろうと考えたからだ。こちらの思惑通り、過去問演習を進めるに従って点数は安定し、直前に行った最後の2〜3年分は全員が十分合格ラインを超えるところまできた。

     

     

    ただ、まだ未熟な中3生の「気持ち」を仕上げるには時間が足りなかったと言わざるを得ない。今年は5教科通しての集中を養うため、また本番での緊張や不出来挽回のシミュレーションを経験させるために過去問演習をすべて塾で行った。土日を利用し、午前3教科、午後2教科を本番同様に行う。緊張を強いるためにことさら言葉がけも少なくし、生徒同士のやりとりも最小限にさせたりもした。昨年は自宅での演習が多く、それが本番での試験マネジメント力の不備につながったのではという思いがあったからだ。

     

     

    しかし、1回勝負のもたらす過度の緊張や1教科ごとの出来不出来に気持ちが揺らぎ、力を出せないケースが相次いでしまった。「気持ち」が弱い生徒は本番の緊張に耐えきれず、うわずった気持ちを引きずって時間ばかりが過ぎていってしまったという。いつも通りにやってくれば、いや、いつもより少し失敗しても大丈夫なところまで仕上がった生徒も、そうした気持ちの揺らぎを抱えたまま、過去問演習からは考えられない得点を取ってしまったりもした。

     

     

    高校入試はつくづく難しい。ここがうまくいけばあれがダメ、こちらを手当てするとあちらが手薄になる、なんてことがよく起こる。今年はトータルの学習計画、それをもとにした導き、そして何より、生徒達の努力はしっかり整っていたと思う。ただ1点、本番で力を発揮するだけの気持ちを私が整えてあげられなかった。

     

     

    生徒全員の、本当に全員の努力を十二分にねぎらい、私にとっての課題を胸に刻印してひとまず筆を置きたいと思う。

     

     

     

    | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://gen-uine.jugem.jp/trackback/354