無料ブログ作成サービス JUGEM
欲しいもの
0


    小6になる息子が欲しいものがあると言う。なんだそれと聞いてみると1つではなく3つもある(ありやがるw)。それらはというと、



    ○ 携帯音楽プレイヤー(ipodみたいなヤツ)
    ○ 野球のグローブ
    ○ オーナーズリーグ(オンラインカードゲーム)のカード箱買い



    ちなみに息子は野球はやっていない。自分はやっていないが仲の良い友達がやっていることもあってお遊びでやったり野球のカードゲームをやったりしている。テレビで見たりもするらしくなにげに野球には詳しい。



    ウチはゲーム機の類は一切与えていないので、子どもが親に何かをねだるということはあまりなく、あったとしても値段的にそう高くない。



    ただ、お金のからむことには慎重になりたい。お金やものの与え方は子どもの金銭感覚、物品やそれを与えてくれた人への感謝の気持ちなどなど、さまざまな姿勢態度を涵養していく。与える側が下手を打てばとんでもないバカモノになる可能性だってある。



    上記3点を買ってやるのはもちろん何かのイベント時(誕生日が有力)だが、さて、どれを買うか。ここには子ども自身の希望と親の思惑とが交錯する。



    金額的に一番安いのはカードの箱買いだ。息子もこれならイベントでなくともイケると思っているフシがある。でもこれは論外。欲しいカードを確実に手に入れるために箱ごとカードを買う。こういう「大人買い」という名の「欲望の開放」を、私は子どもに味あわせたくない。子どもの頃は色々な心情を経験させたい。欲望を開放するのではなく「我慢」とか「羨望」とかの気持ちを内側に溜めていくことは、他者の心情を慮れる人間になるための大切な経験だと思う。また、箱買いしたらそれだけ「不要な」カードがたくさん生まれるのだから、お金の使い方としてもどこか淀んでいる気がする。



    グローブというのは体を動かすことでもあるし友達とのコミュニケーションにもなるのでいいとは思う。何より、これを機に親の(私の)グローブも買って普段足りない親子の触れ合いのチャンスだと思ったりもする。問題は「いつやるのか」ということ。まあこれは私の気持ちとやる気次第か。子どもとのキャッチボール。絵に描いたような「いい親子関係」で私には似合わない気もするが、でもちょっと憧れる。



    携帯音楽プレイヤーもいい。人生を豊かにする音楽に親しむとともに、一人の時間を演出してくれる。思春期に向かうこれから、自分一人の時間をもち内省的に自分と関わることはとても大切だ。音楽を聴きながら厨二っぽいロマンティシズムに酔ってもいいし、誰にも言えない内面と向き合って発散したり慰められたりしてもいい。携帯音楽プレイヤーが大人への階段を上るための杖の1つになってくれたりするだろう。



    さてさて、親があれこれ思い悩んでも子どもはアッサリ違うものを希望したりするのもよくあることだ。下手の考え休むに似たりにならぬよう気をつけよう。 





    | gen | ゆるネタ | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    体調不良
    0

       火曜日から久々に体調が悪い。私の場合、いわゆる風邪ひきは「喉の痛みと強烈な倦怠感」という現れ方をする。熱が出ることはまずないが商売道具の喉がやられてひどい声になり、鎧を着たようなだるさが続く。今日は70%くらいまでに回復してきたのであと少しだろう。ただ声はひどい。普段からダミ声だがそれに輪をかけてひどい声になっている。生徒は「ウケルwww」とか言って笑っているが。


       
       これからの季節で怖いのは言うまでもなくインフルエンザだ。日本の受験シーズンは冬なのでどうしてもインフル禍は避けられない。病は気からというのは本当らしく受験生のインフルエンザ罹患率は他の学年に比べ有意に低い、というデータがあるやに聞くが、それでも後顧の憂いを無くすためにも予防接種は必須だ。18年間の塾講師生活で、2月にインフルにやられて受験を棒に振った生徒が数名目に浮かぶ。


       
       かく言う私も恥ずかしながら18年間に2回インフルエンザに罹ってしまったことがある。1度目は確か10数年前だったが、このときはひどかった。なんと冬期講習中にもかかわらずカミさんからもらってしまったのだ。当時はまだ「インフル=熱が下がっても2日は自宅で待機」みたいなアナウンスもなかったので病院で座薬をもらい、無理やり熱を下げて授業に出てしまっていた(後で医者には「そんな座薬ばっかり入れてると倒れるよ!」と怒られた)。それでも薬が切れれば39度以上の熱で食欲はゼロ。室内でもコートとマフラーを着込み震えながら解説をしていた覚えがある。それが丸2日続いた。体が辛かったのも良く覚えているが、なにより私が治ったあと生徒が2~3名罹ってしまったことが今でも申し訳なく思う(改めて振り返るとよくそんな少しで済んだと思う)。正月休みでなんとか回復してくれたのが不幸中の幸いだった。


       
       その後は数年前に1回、またインフルA型にやられた。いきなり熱が上がってくる感じがして「コレはマズイ!」と病院に駆け込み検査。検査はうっすらインフル陽性。当時はもうタミフルがあったので「あの利く薬出してください!」と頼んですぐに帰宅(当然塾はお休みをもらった)しタミフル服用。ゾワゾワ寒気があがってきて一気に熱が上昇していたが、それも6時間くらいで収まった。スゴイ効き目でびっくりしたものだ。その後タミフルは異常行動云々が取りざたされたが、子どもの頃から熱を出すと異常行動だらけだった私(弟も)は全く気にならず、ウチの子どもがインフルになると「タミフルお願いします!」とかかりつけの先生に言ってちょっと驚かれたりもした。


       
       ウチは今、子どもも私達夫婦も含め2回予防接種をしている。大人は1回でいいらしいが、こういう仕事をしているので念のためにもう1回打っている。実は私、尖端恐怖症気味で注射は大の三乗くらいキライなのだが、こればっかりは致し方ない。先生が注射を取り出したらもうそっぽを向いて針は見ないようにしてやり過ごす。


       
       子どもはいくら注射を打っても罹ってしまう。ウチはちゃんと毎年予防接種をしているのに、二人ともちゃんと毎年もらってくる。周りの話を聞くと注射したのに罹るならしないほうがマシ、と言って予防接種をやめてしまう人もいるが、娘の主治医の先生曰く、毎年打ち続けることに意味があるらしい。「罹っても軽く済んでるでしょ?」とのこと。確かにムスコもムスメも毎年律儀に罹っているが、薬(今年は確かタミフルではなくてリレンザ〔吸い込むヤツ〕だった)を併用しつつ確かに軽く済んでいる。


       
       私自身、今年もインフルにやられないことを祈るばかりだが、そもそも夜更かし&寝不足がが我々塾講師の宿命でもあるので、冬の体調不良は根性で乗り切るしかない。勉強もそうだがやはり最後は根性論である。



      | gen | ゆるネタ | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      あと何年
      0

         日曜日に母の古稀祝いがあった。私たちきょうだいと孫たちも勢ぞろいして宴をもち、母の"古来稀"な齢を寿いだ。



         一昨年古希を迎えた父が言っていたのだが、69歳で亡くなった自分の父親(私の祖父)の年齢を超えたというのはなんとも言えない感慨があるらしい。母もあと3年で自身の母親(私の祖母)を亡くした年齢となる。その時どんな気持ちを抱くのだろう。



         自分の親の年を越えるということがどこか対岸のできごとのように感じられていたが、私も42になった今、実感はできないまでもその向こう岸(別にあの世とかいう意味ではありませんw)に近づいている感じがする。




         還暦のときは何も思わなかったが、古稀70歳というのは残りの日々を思わずにはいられない。まだまだ親孝行なんてレベルのことは何もできていないに等しく出来るだけ長生きしてもらってその機会をたくさん設けていきたいが、親孝行とはできなくなった時に狂おしく求めるものかもしれないと思うと何とも辛い気持ちにもなる。いや、私の年齢で両親が健在ということを喜ばしく思うべきだろう。





         私自身のことで言えば、塾はいつまで続けられるのだろうか。そんなことも考える。案外行き当たりばったりで生きてきたので将来の計画とかは全くないのだが、あと何度卒業生を送り出せるのだろうか。これまで送り出してきた19回と同じだけ、もしくはそれ以上、生徒たちの門出を祝えるだろうか(あと19回といったら61か。61歳で塾をやっている姿はイマイチ想像しづらい)。



         一個の人間の存在はちっぽけなものだ。私の死は何の記録にも残らないし、墓だって50年もすればなくなってしまうだろう。しかしそれやこれと人の生の意味とは別物だ。生きることの意味がどこにあるのかは人それぞれ異なるだろうが、私は数限りない人々の営みに埋もれながらも周りの人を限りなく大事にしていきたいと思う。



        | gen | ゆるネタ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        『土井善晴の定番料理はこの1冊』
        0
          こう見えて(?)料理は好きで結構やる。「男の料理」だけでなく、お総菜もOK。炊事、洗濯、掃除は自分でやれます(笑)。


          料理の本は結構もっているが、作る際に参考にするだけでなく「読んで面白い」のが土井善晴先生の本。これもレシピ集として秀逸だと思うが、読むだけでも楽しい。


          料理の面白いところは1つひとつの作業に必ず理由があるところだと思う。「これこれこうするのは、こういう効果を求めるから」という筋が通っている。「料理は論理」は大げさかもしれないが、決して感覚や経験だけが味を決めるのではないところに惹かれる。


          土井先生の料理本は「理詰め」である。作業の意味や意図が必ず明らかにされている。例えば鶏の唐揚げに小麦粉と片栗粉の両方を使う理由を次のように明快に説明される。


          「小麦粉は“水に混ざりやすい”性質です。小麦粉を溶いた衣は、素材をすき間なく包む壁のようになっていて、素材からしみ出たうまみを外に逃がさない役割をします。一方で片栗粉は、水で溶いてもすぐ沈殿するように、“水と混ざりにくい”性質です。粉と水気が分離するので、揚げたときは衣がカラッとします。」


          仕事柄なのか、こうした説明は実に心地よい。キッチンに立ってすぐ作りたい気持ちにもなる。


          この本のレシピでお気に入りなのが「スパゲティナポリタン」。「ケチャップをしっかり焼いて風味を出し、そこにゆであがった麺をからめる」という作り方。ケチャップでベチャッとしてモッサリしたナポリタンも昔風でいいかもしれないが、この作り方だとケチャップ風味の懐かしさが洗練されたおいしさをまとう。


           最近忙しくてなかなか料理もできない。ひさびさに手の込んだものでも作りたいなあ。


           
          | gen | ゆるネタ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          さきざき
          0
             昨日今日と進学塾Uine の夏期講習は中休み。 私は予備校の夏期講習で講義をしてきた。


             自分の塾は休塾なので予備校が終わったら帰宅してもよいのだが、昨日も今日も帰りに塾によっ
            て雑務をやっている(こうしてブログを書いたり)。


             独立してからというもの、塾を閉めているというのをどことなく不安に感じる。まだ軌道に乗っていな
            いのに休んでいていいのか、という思いもある。だから授業がなくても塾を開けずにはいられない。


             私は世間で言うほどの仕事人間、仕事中毒ではないと思う(結構さぼり屋です;;)が、仕事をしてい
            る、いや仕事があるというのは男にとっては大事なことだなあと痛感する。


             今春独立して個人塾を開いた訳だが、個人塾というのは塾長が前面で活躍する塾。授業から経理
            から清掃まですべてをこなしていく(授業担当のスタッフはいたりするが)。


             今は自分の思った通り(に近い)の形で塾の運営ができているので休みがないとか労働時間が長
            いとかはまったく苦にならないが、個人塾の厳しいところは塾長が体調を崩したりできないということ
            ろにある。自分一人でなんでもやっているから替わりはいないのだ。


             交通事故なんて不可抗力も避けなければならない。こればっかりはどうしようもない時もあるが、事
            故で入院1ヶ月なんていったら塾生に迷惑がかかってしまう。


             とすると、ある程度の規模になったら専任講師を雇って会社組織にするなど、塾長1人がなんでも
            背負い込む形ではない運営形態にしたほうがよいのだろうが、これはこれでふと考え込んでしまう。


             塾を開いたのは自分が理想とする塾運営を形にしたかったからだ。人を雇うということはその理想を
            共有するとともに人≒社会人を育てるという別の使命も負うということになる。


             しかし私にその責が果たせるだろうかと思う。人に任せて思い通りにいかないより、仮に仕事が増え
            ても自分でやった方がいいと考えるタイプ。人を使うことの責任をまっとうできるか、正直心許ない。


             学生時代、アルバイトはほとんど外食産業だったのだが、レストランでのバイトでフロア責任者を任
            されたときはものすごく苦労した。自分がサービスするのではなくフロア全体の采配をする。これがも
            うイライラするのである(笑)何度「お前もう引っ込め!オレがやる〜」と叫んだことか。まったくもって
            責任者失格。


             誰かと一緒にやるのではなく、身体に気をつけて、自分のできることを一所懸命やりつつ継続してい
            くのが性に合っているのかもしれない。


             まだ軌道に乗ってもいないのに先々のことを考えてどうするよ、とも思うが、一所懸命働けることに
            感謝ししつつ、これをいつまで続けられるのかなと感じた午後でした。


            | gen | ゆるネタ | comments(0) | trackbacks(0) | - |