無料ブログ作成サービス JUGEM
都立入試に思うこと その1 国語の難化〜今年の戸山から
0

     

    都立入試の問題は英数国を独自に作成する自校問題作成校と一律の共通問題を実施する共通問題校に分かれているが、昨今気になるのが国語の難化である。これは自校作成校で著しい。もちろん自校作成校といっても15校(都立一貫併設型は5校共通問題)あるのでレベルには結構な差があるが、とりわけトップ3校とそれに準じるレベルは下手な大学入試より難しい国語問題を課す。

     

     

    ここでは戸山を取りあげてみたい。戸山はかつての2学区トップ校で、位置づけとしては東京都東部の単独2番手校である。部活も行事も盛ん、大学合格実績も(都立としては)まずまずで人気が高い。今春の入試では男子の倍率(応募)が2.39倍と昨年から0.5ポイントも上昇した厳しい入試だった。

     

     

    以前から戸山の入試問題は難しい。これは国語に限らず、英語、数学も同様だ。戸山に続く青山、そして新宿の問題が自校作成らしい、難しいといってもレベル相応の「穏当な難しさ」である(まあ青山も癖はある)のに対し、戸山は一気にレベルが上がる印象がある。これは日比谷を意識しているのではと感じている。日比谷、西、国立のトップ3に比肩し、トップ4と呼ばれる位置を狙っているのではないだろうか。

     

     

    今春の戸山国語、大問4の評論文は鷲田清一『哲学の使い方』からのものだった(こちらから)。鷲田清一はちょっと前の大学入試出典の常連。平易な語り口で硬質なテーマ(哲学!)を語る、一流の書き手だ。もちろんこれまでにも自校作成校で取りあげられたこともある(いまちょっと見たら、古いものだとH15西『まなざしの記憶ーだれかの傍らで』があった)。

     

     

    文章をご覧頂きたいが、一見分かりやすい話のようで、最後はきっちり「価値の逆転」がなされている。かいつまんでいえば、「思考にとって必要なのは己の範疇や分かりやすさに沿って物事を見るのではなく難解なものにそのまま向き合うことであり、哲学とはそのための手立てである」ということだ。「基礎・平易から」「組み立て」「到達」といった我々がものごとに取り組む時の雛形を否定し、難解なものにそのまま向き合うことが引用を手がかりにして推奨される。大学入試現代文ではおきまりの「価値の逆転」「既成概念の否定」だが、これが高校入試で読まされる。

     

     

    また、上のリンクから全体を見れば分かるが、これは大問四、つまり全体の一部でしかない。漢字以外では小説、評論、古典絡みの説明文と3つの文章構成が都立の定型だが、これで50分しかない。おまけに大問4には200字の作文(というかテーマ的には小・小論文といっていい)も付いている。この評論でいえば、難しさに面食らっているようでは跳ね返されてしまう。「価値の逆転」という定型も選択肢の見極め方も受験勉強の過程でしっかり消化していなければ、合格ラインの得点(これはまた機会を改めて書いてみたい)は取れない。

     

     

    設問についてはちょっと文句を言いたい。ちょっと難しすぎる。問1は全体から見ないとできない問題(よい問題ではある)だし、問4は消去法を使わないと厳しい。問2か問3のどちらかをカットして記述問題にし、問4はもう少し難度を下げてもよかったのではないか。

     

     

    今年の平均点はまだ公表されていないが、ちょっと低めかもしれない。国語でやられてしまった受験生もいただろう(一方で数学は戸山にしてはとっつきやすかった)。

     

     

    難しい難しいと言っているが、昨今いわれる都立の復権は言うまでもなく自校作成問題による選抜がその主因をなしている。日比谷による最初の自校作成問題を見た時、塾関係者は「こんな問題、都立志望者にできるかよ」と半ば驚き、半ばあきれた。初めの数年は数学が0点で合格した生徒もいたという(私の教え子だと数学10点で受かった生徒がいた)。それでも貫き通した結果が、現在の隆盛と言っていい状況だ。戸山のこの問題、私は受験生を惑わせる難問としてではなく、心意気であると評価したい。

     

     

     

    | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    「仕上がりの早さ」を期する−進学塾Uine30年度高校入試総括
    0

       

      3月1日の都立入試の発表をもって進学塾Uineの高校入試は終了した。今年も全員が第1志望に合格とはいかず、自身に対するふがいない気持ちを引きずっている。入試結果に対する内罰的な意識と言動は指導者自身のためとの指摘もあるが、私は心から生徒と保護者の方に申し訳なく思うし、もし謝罪や涙が自分のためならもっと気持ちは楽になるだろう。恐らく私は性分的に塾講師には向いていないのだろうと、これまた自虐的に思ったりもする。

       

       

      今年の結果(合格も不合格も)を受けて思うのは学力の「仕上がり」についてだ。生徒達の学力がいつまでに、どのラインまで上がるのか。具体的には、志望校の合格ラインに対して、どれだけ早く余裕をもった仕上がりに達するのか。生身のそれも思春期の不安定な中学生相手に思い描いたような実力向上が図れないのは当然なのだが、年間のカリキュラムとビジョンとして、学力の仕上げの時期を意識するのは重要だ。そしてそれはできるだけ早い方がいいと、今強く思っている。

       

       

      進学塾Uineの生徒層は私から見れば「普通」の子たちばかりだ。具体的に言えば、塾に通っていなければ定期テスト5教科330点〜400点強くらいの層。地元の学力最上位層は川を渡って(笑)御茶ノ水あたりの塾に通ったり、地元に最近増えてきた大手に通うので、ウチのように口うるさい塾長のいる裏通りにある狭小個人塾(笑)には、良い意味で真面目が一番の取り柄である生徒が通ってくれる。ただ、真面目というのは裏を返せば「努力中心で頭の回転やよさは今一歩」ということでもある。真面目な生徒達の中にはしかるべき思考の奥行きや精神的成熟が後手に回る者も多い。

       

       

      また進学塾Uineは中1から定員一杯ということはほとんどなく、中2,中3から入塾してくる生徒も少なからずいる。地元の真面目層は勉強以外の部活にも熱心なので、「中1(場合によっては中2)までは部活を頑張りたい」として塾通いをしない(「中2(中3)までは他塾に通って、本格的な受験はUineで」という方も結構いる)生徒も多い。もちろん在籍生も部活には熱心だ。

       

       

      あれこれ挙げたら切りがないのだが、様々な状況、事情から進学塾Uineの指導はどうしても中3期に偏りやすい。生徒達の成長を俟ち、勉強に多くの時間が割けるようになり、やっとエンジンがかかっていくイメージだが、そうすると当然学力の仕上がりは後ろにずれていく。英数は8月には中3範囲を終わらせるように予定を組んだり(自校作成校を目指す上でこれは必須)中1・中2範囲の復習も中期的な学習計画を立てて演習管理をしたりしているが、正直なところ学力が仕上がってくるのは年明け〜2月という直前期になってくる。

       

       

      「入試は最後のひと伸びが勝負!」「ギリギリでもきっちり仕上げて試験に送り出す」的な言説は塾業界には多くあるが、これは高校入試では危険な発想だというのがいまの私の問題意識だ。中学生は精神的にまだまだ未熟さを抱えているということ、またこと都立高校入試は実質的に1回しかチャンスがなく、不安や緊張度がそもそも高いというのがその理由だが、とりわけ今年の入試をふり返ると強く思わずにはいられない。

       

       

      私の預かっている生徒がことさらそうなのかもしれないが、地域性として下町っ子は素直で気がよい反面、ナイーブなもろさがある。進学塾Uineの生徒は無理な受験(実力とかけ離れた高校を受けるケース)はしないので、それでもなお不合格になってしまうというのは「実力が出せなかった」というケースがほとんどだ。「出せない力は実力ではない」というのも1つの見方だが、「極度の緊張」「本番に対する不安」は未熟な中学生の気持ちと身体を萎縮させ、冷静な思考を阻害する。都立が不合格になってしまう進学塾Uineの生徒は1時間目の国語で力を出せないケースがほとんどなのだが、やはり緊張によるところが大きい(国語の科目特性もあろうが)と感じている。

       

       

      不安や緊張はゼロにはできない。でもそれをできる限り低減させるにはどうすればよいか。前のエントリーでも触れたように、指導者の適切な一言が生徒達の気持ちを救うことがあるだろう。ただ一番効果があるのは、当然ながら学力(偏差値、過去問得点)の裏付けだ。直前で不安を訴える生徒ほど、仕上がりが遅く偏差値も過去問得点もギリギリの勝負になっている。最後の最後までギリギリ感が強ければ、「出せば合格」の力も萎縮して出せなくなってしまうことは想像に難くない。

       

       

      それなら早めに仕上げるために中3範囲を早く終わらせ、復習に多くの時間を割けばいいのだが、ことはそんなにうまく進まない。できるならとっくにやっている(笑)。何といっても生身の生徒が相手なのだ。思ったように授業が進まないこともあるし、復習がこちらの企図したような効果を生まないこともある。中学生の学習指導は「三歩進んで二歩下がる」どころか「三歩進んで四歩下がり、その後二歩進んで立ち止まる」みたいなことも多いのだ。私は週間、月間の授業計画は念入りにたてるが、1週間ごとに壊して再設定することもしばしばある。「早く仕上げる」は言うは易く行うは難しであることは間違いない。

       

       

      今年の入試、私も生徒達も精一杯やっての結果であることは改めて強調しておきたい。生徒達はみな素直で私を慕ってついてきてくれた。そしてこれ以上ない努力をした。私もそれに応えるべく、過去最高の指導を胸に誓って(これは毎年そう)指導にあたった。それでもなおぎりぎりの仕上がりだったことを、生徒の問題としてではなく自身のそれとして捉えなければならないと思う。

       

       

      精神論ではなく、またメンタルのケアという学習指導の埒外の問題として捉えるのでもなく、カリキュラムや教授法の問題として仕上がりの早さ、不安や緊張の払拭を考えていく―新年度の目標をこう据えることで、30年度の入試総括にしたい。

       

       

       

      | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      入試を吹っ切る
      0

         

        都立高校の一般入試も明後日と迫り、東京の入試も大詰めになった。中3生は毎日授業と自習に余念がないが、試験日が迫るにつれて不安もいや増しに増している。毎年のことだが、生徒達の不安な顔を見ればこちらも平常心ではいられない。どんな方法でそうした不安を払拭していくのか、教科指導と同じくらい神経を使うものだ。

         

         

        入試直前の不安というのは一所懸命やっているからこそ生まれてしまうという因果なものだ。たかが高校入試とはいえ、勉強の終着点は容易に見えない。勉強の入口に立ち、容易に見えない出口に向かって歩きはじめた生徒は、歩けば歩くほど、その暗さと奥深さにおののく。やればやるほど、己の未熟さを自覚し、欠落感が増してしまう。直前期、やってもやっても「分からない感」「まだある感」は埋まらず焦るばかりになる。頑張っている受験生がこうした不安にさいなまれるとは、受験の神様はなんとも理不尽なものだ。

         

         

        入試直前の不安は焦り、そして本番での萎縮を生む。未知の問題(入試はすべて未知の問題!)に対して怖れが先行してしまい、ちょっと難しかったり出題形式が変わっていたりすると心が縮こまる。平常心を失ってしまうのだ。入試本番で一度失った平常心はなかなか元に戻らない。フワフワと地に足がつかないような感覚で試験が進行し、そのまま終わってしまう。「平常心を失うのは、本当の実力が身についていないから」―それは確かにそうなのだが、まだまだ未熟な中3生にメンタルも含めた盤石の実力を求めるのは酷というものだ。

         

         

        試験会場では一人の戦い。我々は手を貸すことはできない。できるのはそれまでに不安を和らげ、萎縮する心をほぐしてやることだ。教える立場の人間は、それこそ手を尽くしてそうした生徒達の心に寄り添う。

         

         

        曰く「勉強の不安は勉強でしか解消されない。ギリギリまで努力を重ねて不安を自分の力で払拭しよう」。―入試に向かう心得として、一つの真理だろう。不安を不安をして認識するより先に、行動=勉強する。不安が生まれたら、その不安の源を勉強で消していく。初めに書いたようにこれは出口の見えない戦いでもあるが、努力の蓄積は不安を自身に転化させる。

         

         

        曰く「入試直前は励ます関わりが第一。不安を理解し、不安に寄り添い、言葉をかけ続ける」。―これも直前期はとりわけ欠かせない態度だろう。教師による一言で救われる小さく不安な心がある。そのことを理解し、寄り添う態度と言葉は、我々の存在意義の1つでもある。直前期だからといって真綿でくるむような関わりは不要だが、不安をくみ取った適切な一言で、生徒達の視線を下から正面に向けることが、戦う眼にすることが、できる。

         

         

        週末、私は「吹っ切ろう」という話をした。吹っ切るとは1つのことがらにとらわれないということだ。生徒達には入試にとらわれすぎない態度を伝えるつもりで次のような話をした。

         

         

        「入試はみんなにとって人生の一大事。私もこれまでみんなに勉強の大切さを説くとき、『どの高校に行くかで人生のレールは異なる』なんて言ってきたよね。その意味では、高校入試は極めて重要・重大なできごとで、決していい加減な気持ちで臨んでいいものではない。

         

         

        でも、別の見方をすれば、入試なんてある意味大したものじゃない。たかが入試。そんな見方もできる。だって、たった50分×5=250分、4時間ちょっとなんて、80年の人生に比べたらほんのちっぽけなものだろ?おまけに1教科最大20〜25問のテストで、君たちの何が測れる?ほんのちょっと、ほんの一面しかテストは測れない。君たちの勇気も、やさしさも、入試は測れない。

         

         

        おまけに記号問題が多いだろ?イかウか迷って迷って、ウにしたらバツだった。おまけに、合格ラインからほんの数点低いだけで不合格になった。こんなことも起こる。もちろん逆のケースもある。それで取った点数が実力なの?実力の一面しか測れないのが入試でもあるわけだ。

         

         

        私が言いたいのは、ものごとには両面があること。そして入試前の今だからこそ、それを知ってほしいということ。入試の価値や尊さとともに、入試の一面性やはかなさを知ってほしい。入試の価値の両面を知った君たちは、入試からほんの少し自由になれるはずだ。入試に縛られ、入試にコントロールされ、本番で振り回される小さな存在ではなく、入試に自然体で立ち向かい、入試を乗りこなし、自分をぶつけられるようになるはずだ。

         

         

        入試を吹っ切ろう。完全には無理だけれど、吹っ切る姿勢は君たちを少なからず解放する。『たかが入試』という吹っ切れた精神で、本番に臨んでほしい」

         

         

        教える立場として決して祈りに任せるつもりはないのだが、それでもやはり祈るような気持ちをもって本番を待つ。

         

         

         

        | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        隣の芝は青くない
        0

           

          連日自習に精を出す中3生数名が帰りしなに何やら話している。耳をそばだててみると「○○塾は△△(教材名)やってるよね?できる子が多いよね!」的な話。

           

           

          聞き捨てならない内容(笑)なので、「どうしたどうした」と強引に割って入りあれこれ聞いてみた。すると、どうもその塾では都立入試向けの教材をやっていて、自分たちもそれをやりたいということらしい。

           

           

          都立(公立)直前対策用の教材はそれこそたくさんあって、私も以前から使っている。今年は残り3週間で投入する予定を組み、生徒達にも「2月に入ったら仕上げの教材を配る」と伝えてあった。ただそれが都立直前対策用とは言ってなかったので、生徒達は「なんでウチの塾はやらないんだろう?あれやりたいよね?」となったようだ。

           

           

          「2月になったら配る予定だったぞ!心配するな!」で済ませることもできるが、この会話にはこの時期の中3生が陥りやすい穴が見え隠れする。そういうことを自覚させるのもも教科学習とは異なる重要な学びだと思うので、授業を使って生徒達全員に2つの話をした。

           

           

          1つは「隣の芝を見ない、気にしない・見ても青いと思わない」ということ(生徒達には「隣の芝は〜」の解説からした・笑)。受験期以前は他の塾やそこで勉強している友達のことはそう気にはならないが、受験期ともなると偏差値や受験校の話が話題に上るようになって意識せざるを得なくなる。とりわけ同じ志望校の友達が別の塾に通っていて偏差値が高かったりしたら心穏やかではいられない。「あっちの塾の指導(教材!)の方がいいんじゃないか?」と思うのはしごく当然だ(これは保護者の方にもあてはまる)。

           

           

          しかし、ちょっと考えてみれば分かるが、成績というのは極めて個別的な要素でできあがっている。仮に同じ問題を解いて同じ点数だったとしても、持っている力がまったく同じということはありえない。得意・不得意単元、思考の癖、速さ、記述力、ひらめきの有無…挙げたら切りがないくらい、成績を決める要素は多様だ。

           

           

          どの塾に通い、どの教材をやるというのは確かに重要ではある。しかし、入試直前まで勉強を重ねてきたらその影響はそれほど大きくない。思ったような成績が取れていないとしたら、教材ではないもっと別のところに要因がある。不安を抱くのは致し方ないが、それでキョロキョロしたら不安は増すばかりだ。最後まで自分の弱点に向き合い、克服の努力をしよう。まずそんな話をした。

           

           

          もう1点はちょっと細かい話になるが、生徒たちが気にしていた直前対策用教材というのは、使い方を気をつけないと最後のひと伸びにつながらない、ということ。都立入試に特化した直前対策教材というと聞こえはいいが、これだけやっていても実力の向上(弱点の補強)はできないということだ。具体的に言うと英語、数学は問題量が豊富で弱点補強まで意識できるものもあるが、国語、社会、理科はそれだけやっても弱点補強にはならないものが多い。

           

           

          直前教材は都立の出題形式に合わせた構成になっている。都立の問題は大ざっぱにいえば「読ませる形式」になっているので、こういう直前教材もその形式を踏襲している。だから直前教材は「形式慣れる」という意味では極めて有用だ。

          ただこの「読ませる形式」というのは結構曲者で、テキストにすると紙数をたくさんとるため問題量としては少なくなってしまう(問題量を増やせば直前対策教材とは言えない厚さとなる)。簡単に言えばこれが国語、社会、理科の直前教材が弱点補強にならないことの主な理由だ。

           

           

          重要なのは、生徒達が「できない理由」というのは形式にあるのではなく、むしろ形式以外の知識不足、理解不足にある方が圧倒的に多いということ。1つめに述べたように、できない理由は非常に個別的なのだ。だからこの時期の勉強は、過去問をやってあぶり出された弱点項目・単元を通年用テキストで手当てし、穴をふさいでいく努力が必要となる。

           

           

          しかし過去問演習は本当に時間がかかる。5教科分を解くだけで半日仕事、加えてそれのマルつけと復習(間違えた問題の理解、解き直し)までやれば1日では終わらない生徒もいる。これが6〜7年分だ。中堅層は週末をまるまる過去問に費やしても消化しきれなかったりする。

           

           

          すると過去問以外にできる勉強が少なくなり、やるとすれば直前対策教材、となる生徒が多くなる。ただし過去問と直前教材で形式には慣れるが、自身の弱点とは向き合いづらくなる。だからこれからの時期、過去問と形式に慣れるための直前教材に流されるような形で勉強を進め入試を迎える受験生は少なくない。

           

           

          繰り返すが、過去問をやったらできない単元の復習、具体的には「総ざらい」が必要だ。特に社会、理科は「暗記だからギリギリまで伸びる」と言われることが多いが、ここまで勉強を積んできてできないということはピンポイントで手当てしても駄目なわけで、単元全部をもう一度やり直すくらいの抜本対策が必要であることが多い。具体的には、例えば社会の歴史だと「勘合貿易」が何時代か分からないのなら外交史を、「奥の細道」が何文化か分からないなら文化史を、それぞれ始めから終わりまでやり直す必要がある。項目をチマチマ覚え直しても点数には結びつかない。

           

           

          私は直前教材は残り2〜3週間の時期にやらせるようにしている。年度によっては配らないこともある。やらせる生徒とやらせない生徒も分けたりする。直前教材はあくまで仕上げの位置づけであり、ワンオブゼムだ。せっかくの教材、効果的に使って最後のひと伸びにつなげたいし、一人ひとりにとって必要なことを見極め、そこに焦点化した指導をするのは個人塾の存在意義でもある。

           

           

          こんな話を聞かされた生徒達だが、配布された直前教材も含めて各々の課題に改めて向き合いはじめた。どれだけ自分を見つめ、問題設定をし、改善のために動けるか。受験も最終段階にさしかかっている。

           

           

           

          | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          定期テスト勉強の「禁じ手」 その2
          0

             

            (続き)定期テストにおけるもう2つの禁じ手、「2行以上のマーカー引き」と「狂ったように書きなぐる」。これらは「思考停止の証」とした。

             

             

            「マーカー引き」。これは教科書の特に重要だと思われる部分に対して行うが、その目的は「一目で重要箇所が目に入るようにするため」だったり「印象に残したりするため」だったりする。ただ、いつのまにかこのマーカー引きが惰性となって、延々と引き続けて教科書ほぼ1ページ分すべてがマーカー色に彩られている、なんてことがある。

             

             

            マーカーで線を引きまくる場合、たいていはどこに線を引くべきか、どこが大事な記述か、などはあまり考えずにマーカーを引いている。たとえば「太字はそもそも強調してあるんだから、その前後が大事」くらい学校でも塾でも言われているので、太字の前後を延々とマーカーする。そうするとページにある太字の前後がすべて繋がって、マーカー一色になってしまったりする。

             

             

            教科書を読むのではなく、「太字の前後」という機械的思考でマーカーを引いてしまうとき、思考はほぼ停止しているからほとんど学習効果はない。ただ、「線を引いた」という「実績」は勉強したという「アリバイ」には十分だ。だからやる気が乏しかったり暗記・繰り返しを忌避する傾向が強い生徒はマーカー引きが好きだったりする。

             

             

            「狂ったように書きなぐる」も思考停止とした。私は「書く」という行為を否定しているわけではないが、ここまで書いたように「書く」という行為のもたらす「やった感」、「中毒性」を考えれば、うまく運用しなければならない手法だと思っている。「書く」はもっとも効果的な局面で使わなければならないし、そこに至るには個人的な試行錯誤が、またそれが難しい生徒には指導者の適確なレクチャーが必要だろう。

             

             

            「狂ったように書きなぐる」は単語や漢字を暗記する際によく見られる。たしかに単語のつづりや漢字の書き方をマスターするために繰り返し書くのは効果的なことがある。ただ、私の考えでは、「とにかく繰り返し書く」が有効なのは初学の時期(漢字なら小学校時代)であって、一定以上の学習を積めばそれは過剰なことが多いと感じている。

             

             

            英単語を学び初めると、ローマ字との違いに戸惑う生徒が多くいる。この場合「ひたすら書く」は有効だ。「アップル」が「appuru」ではなく「apple」であることに対する戸惑いや違和感は、「apple」を書きまくって消していくしかない。漢字も小学生のうちは部首やその組み合わせも新出のものが多いので、繰り返し繰り返し書いて練習して、慣れを身につける必要はあると思う。

             

             

            ただ、学習が進めば、英単語も漢字もそのつくりや書き方に対して理屈ではない感覚・「こんなだろうな感」が生まれ、それほど書きまくらなくても覚えられるようになることが多い。だから英単語なら発音をより重視して覚えていったり、漢字であれば語彙として意味まで含めて覚えたり用例ごとマスターするようなやり方にシフトすべきだろう。

             

             

            いつでも何でも狂ったように書きまくる生徒には、やはり「書く」行為の中毒性が働いている。そして頭がほとんど動いていないのは「マーカー引き」と同様だ。

             

             

            初めに書いたが、ツイートで取りあげた4つ以外にも進学塾Uineの試験勉強では禁じ手がいくつもある。それだけ中学生の勉強はおかしな方向や易きに流れやすい(少なくとも私の指導している範囲内では)と思うからだが、最も重要なのはそれらの運用である。

             

             

            私は何でもかんでも杓子定規に「禁じ手」を適用しない。柔軟、臨機応変というのとはまた少しニュアンスが異なるが、時と場合、生徒によって運用には変化をつける。5教科でコンスタントに450点を超える生徒の勉強法には基本ノータッチ(「いつも工夫する意識を持つように」と呼びかけるくらい)だし、平均点以下の科目が多い生徒が書きまくっていてもあまり指摘はしない。言うまでもなく「書く」は勉強の基本であり、平均点に満たない生徒が勉強に自分を「乗せていく」ためには有効な手段でもある。

             

             

            中学生の指導とは、偉そうに言えば、柱(たとえばここで取りあげた「試験勉強における禁じ手」)を据えながら、それでもなお一人ひとりに合った指導を模索するあり方だ。指導とは常に動的であり、日々の指導の流れのなかでできあがってくる。生徒と向き合うとは、方向性としてのやり方を提示しつつそのやり方に固執しないあり方であるとも言える。

             

             

             

            | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |