無料ブログ作成サービス JUGEM
試験勉強会あるいは感応する力
0

     

    二期制の墨田区は多く今月中旬に後期中間テストを迎える。中3生はこのテストをもって内申が決定するので大切なテストだ。もちろん、中1にとってはそろそろ固まり始める勉強方法と結果に対して意識的に臨むべきテストだし、中2は夏前後から一気に難しくなった英語(不定詞、接続詞など)と数学(一次関数、証明)への対応が問われるという意味で、これまた重要なテストだ。どの学年もそれぞれの目的があり、その意識・動機づけは我々の重要な役目である。

     

     

    進学塾Uineでは定期テスト前の約2週間はテスト勉強演習に切り替え、週末は試験勉強会を行う。小さな教室なので3学年揃って朝から晩までとはいかないが、塾としてできるだけ長時間の学習時間を確保しテストの臨んでもらうというのがその主旨だ。

     

     

    塾が半ば強制的に生徒達を集めて自習させることには賛否両論あるが、私は地元の子供たちの学習特性や進学塾Uineの生徒層に鑑みてという条件のもと、肯定の立場だ。考えや立場はそれぞれあっていいし、その方針が生徒の利益になる(学力向上)のなら何をやってもいい。

     

     

    「地元の子供たちの学習特性と進学塾Uineの生徒層」というのは、「言わないと手を抜く」という標準的な中学生像であり、また上位から中位〜と幅広く在籍するという、これまた標準的な塾のありかただ。こういう塾、とくに幅広い成績層が在籍する塾ほど、試験勉強会のような学習機会をもつことは有効だと考えている。

     

     

    以前勤務していた塾は方針として勉強会のようなものはやらないことになっていた。定期テスト前は約1週間前から授業をストップして自習に切り替えたが、成績上位層は欠席して自宅で試験勉強をするものも多かった。放課後自習に来る生徒もまばら、来ても教室で友達同士おしゃべりをしていて注意されたりする。

     

     

    できる生徒はできるができない生徒はできないまま、というのは絶対に避けたいというのが自分で塾を立ち上げた時の思いだった。試験勉強会もまた、そういう理念を実現するために不可欠なものであるというのが私の位置づけだ。全塾(うちは小さいけど笑)が一つになって目標に邁進するというのが個人塾の強みであり無二の個性となり得る。

     

     

    皆で休日に塾に集い、試験勉強を行う。隣にはモリモリ勉強する学年1位の生徒もいれば、どこか集中しきれず、また勉強の方法が身につかず、悪戦苦闘する生徒がいる。

     

     

    コソコソおしゃべりをしたりボヤッとしていることは許されない。それは教室責任者が厳に戒める。できるできないに関わらず、みな懸命に努力する形を整える。

     

     

    やる気は伝播する。一所懸命の姿勢は周囲に波及していく。まだまだやわらかく柔軟な頭と姿勢をもった中学生は、強い感応力をもっているものだ。環境が整えば、触発されて第一歩が駆動し始める者が本当に多い。

     

     

    こういう形を実現したくて始めた試験勉強会だが、一応目標は達成できつつあるのではないかと思っている。始めた当初は私語や勉強姿勢を注意することも多かったが、いまはほぼない。生徒達はそれぞれに感応し合って目標に向かえるようになっている。新学年や新入塾生は先輩が勉強する姿を見てそれに倣っていく。

     

     

    こういう方針は多分に「できる生徒を見倣わせる」という、中位〜の生徒のためのものになるが、私はそれでいいと思っている。上位層を無視しているわけではないし、5教科450点以上とっている生徒もそういう塾の方針のもとに今の自分を成し遂げた。自分だけできればいいという意識は進学塾Uineにはそぐわないし、そもそもそういう生徒は1人もいない。

     

     

    試験勉強会と言っても、教室を開けたらあとは勝手に自習やって、みたいな無責任なことはやらない。必要な対策テスト(定期テスト過去問ではない)、対策授業はしっかり行う。我々は朝から晩まで教室に詰め、テスト管理を行い、質問対応にかけずり回る。なかなか大変だ。

     

     

    こうした試験勉強会はすでに進学塾Uineのアイデンティティの1つだ。今も教室にはペンを動かす音と、生徒達の熱意が充満している。私は生徒達の感応力を信じているし、これからも信じ続けたい。

     

     

     

     

    | gen | 塾全般 | - | trackbacks(0) | - |
    永遠の現在
    0

       

      6月末に弟が亡くなった。胃がんだった。がんが判明してたった3ヶ月で逝ってしまった。悲しみは少しずつ癒えてきているとはいえ喪失感は埋めようもない。なぜを問うても明快な答えはないと分かっていながら、それでもなぜ弟が、まだ46歳の若さで、身内には誰もいないがんに罹って亡くならなければならなかったのかと思わずにはいられない。

       

       

      年子ということもあって弟と私は小さい頃は喧嘩ばかりしていた。学齢期前は年長の私が弟に対して優位に立って何かと自分のいいように振る舞っていたが、小学校に入学して体格も同じようになってきてから弟の「反逆」が始まり、そこから喧嘩ばかりの兄弟になっていったように思う。親に言わせると「寄ると触ると喧嘩」状態だった。

       

       

      中学高校と進んでもその状態は続いた。学年が1つしか違わず勉強でもスポーツでもすぐ外野から比較の眼で見られるため、もめ事の種はそこかしこに転がっていた。定期テストの順位が出れば「俺の方が上」、スポーツ(互いの部活は異なっていたのに)では「俺はこれだけ苦労している(大変自慢)」。あれこれ言い合っては小競り合い、場合によってはまだ取っ組み合いをしていた(さすがに高校に入ってからやった記憶はほとんどないが)。

       

       

      そういう関係が沈静化したのは大学に入ってからだろうか。さすがに互いに大人になってきたのと進んでいる道が異なることで、妙なつばぜり合いの必要がなくなってきたからかもしれない。お互いのバイトが終わって同じような時間に帰宅すると一緒に一杯やったりするようにもなった。弟の仲間に誘われて一緒に飲みに行ったり、私の先輩との集まりに弟が参加したこともあった(飲んでばかりだ笑)。

       

       

      互いに社会人となり実家を出たことで次第に関わりは薄れていった。この20年くらいは年に5〜10回程度顔を合わせるくらいだったろうか。仕事もまったくの畑違いだったので会っても他愛のない話をする程度。この数年は年を取った両親の祝い事を弟と私で主催したり、きょうだいの子供たちがそれなりの大きさになったことでみんなでキャンプをしたり(弟の趣味)と交流自体はそれなりにあったが。

       

       

      とりたてて仲のいい兄弟というわけではなく、かといって昔のように険悪でもない。遠くにいるが無事であることが当たり前の、よくある中年の兄弟関係というところだろうか。それが弟の病気がきっかけとなって再び密になったのはなんとも皮肉だった。

       

       

      闘病中、病院の送迎はすべて私がやった。下町から弟宅へ行きそこから病院への送迎には手間も時間がかかったが、きつさや面倒くささを感じたことはない。多い時で週に3〜4回の送迎、往復の車中でのあれこれの会話。これだけ話したのはどれくらいぶりだったろうか。そこにはどこか兄弟関係のやり直しをしているような感覚があって、辛い状況の中でも不思議な喜びと充実があった。

       

       

      弟は昔から気が強く、喧嘩ばかりだった子供の頃は「アニキ面すんな!」が口癖だった。そういう「俺様」が病気になってしばらくしてこんなメッセージを送ってきたことがあった。「送迎だけでなく、兄貴がいるというだけで心強いです」。病気への不安と恐怖はいかばかりだったろう。私がその気持ちを万分の一でも慰撫できていたなら、最後に兄らしいことができたなら、あいつの兄でよかったと思う。

       

       

      弟と私は年子だったと書いたが、私が11月生まれ、弟が10月生まれなので歳は11ヶ月ちょっとしか違わない。そのため1年に約2週間、同じ年齢になる期間があった。生きている時はそれほど意識していたわけではないが、死んでしまうとこんなところにも欠落感を感じずにはいられない。弟と私の年齢は二度と重なることなく、広がっていくだけだ。

       

       

      今日は弟の、迎えることができなかった47回目の誕生日。46歳で終えなければならなかった人生、その無念はいかばかりかと思う。ただ弟は、現在の栄光も未来での成功予想図も抱いたまま、その姿を皆に焼き付けたまま、死んでいった。弟の輝かしい現在と未来はそのままの形でこれからも続いていく。

       

       

      一方私は、弟と隔たっていく年齢とともに、生にもがき、成功や失敗、挫折や断念を重ねていくのだろう。今日もあくせくかけずり回る兄を、弟はどこかで見ているだろうか。

       

       

       

       

       

      | gen | | - | trackbacks(0) | - |
      体験入塾の逆説あるいは入塾におけるミスマッチ
      0

         

         

        | gen | 塾全般 | - | trackbacks(0) | - |
        講習の欠席
        0

           

          多くの塾で夏期講習が終了しつつある。進学塾Uineは昨日で24日間の予定を無事に終えることができた。ただ、本年もって48の私は正直10時-22時の講習がきつくなってきており、「働き方改革」を進めなければならないと本気で考えている(笑)あと5,6年はこのスタイルでいけるだろうが、10年後に同じことができるとはとても思えないのが正直なところだ。

           

           

          私の衰え話はさておき、講習といえば欠席の扱いが避けて通れない。特に夏期講習は行楽シーズン、帰省シーズンということもあって、場合によっては中長期の欠席が発生する。

           

           

          個人塾は夏期講習も年間カリキュラムを進める予定を立てることが多いし、選択制の講座を豊富に準備できるほど教室や講師に余裕もないため、自ずと「講習は全員出席」とするところが多いと思う。また保護者にとっても夏休みは「子供にしっかり勉強させるチャンス」なので積極的に講習を受講させようとする。旅行/帰省で数日欠席予定があっても、それが講習をまるまる欠席する理由にはなりづらい。

           

           

          となると、数日の欠席に対してどのように対応していくのかというのが問題となるが、それは個々の塾のコンセプトや指導形態によってまちまちだろう。

           

           

          たとえば進学塾Uineの場合、講習に先立ってまず入塾の際に「病気などのやむを得ない場合を除き、欠席はできるだけされないようお願いします」と文書でお願いしている。これは様々な場面で言っていることだが「気軽に欠席する生徒の成績が伸びることはまずない」からだ。部活で疲れた、行事で疲れた、部活の試合で帰宅が遅い、宿題が終わっていない(!)などなどですぐ休む生徒は成績が伸びないどころか、塾内の雰囲気もかき乱す。私は塾を作る時「純粋に成績を伸ばしたい、頑張りたいという生徒/保護者のための塾にしよう」と自分に誓って独立したので、こういう可能性は入塾前に排除したい。

           

           

          ただ、やむを得ない欠席はどうしても発生する。病気、怪我、法事、学校行事はもとより、夏休みの帰省や家族旅行による欠席はある程度許容されなければならないだろう(受験学年はちょっと別だが)。だから私の場合、「欠席はされないでください」と言っていても、「欠席絶対禁止!」ではなくて「塾のコンセプトの周知・欠席に対する意識喚起・予防線」的な扱いになっている。つまり、私のようなうるさ型が「欠席しないでくださいね!」と言ってもなお発生する欠席は「本当のやむを得ない事情」と考え、しっかり補習をするという立場だ(ちなみに進学塾Uineの夏期講習では中3は日中に授業を組むが、中1,中2生は夜にしか授業をやらない。中3はほとんど部活を引退しているので日中の授業でも大丈夫だが、中1・中2は部活での欠席が多くなるためだ。「休まないでください」と生徒/保護者に言うのなら、できるだけ休まないで済むようなスケジュールを組むのが務めだと思う)。

           

           

          進学塾Uineは集団指導なので、欠席補習は基本的に自習スタイル。「教室が空いている時に呼んで授業ノートのコピーを渡し、自習を進めさせて適宜質問を受ける」形で進めている。場合によっては先生を1人配置する。このやり方をうまく進めるには「欠席者がいる時に重要単元の導入はしない(自習でこなせないから)」「板書はかなり丁寧に書く(ノートコピーだけで分かるように)」を心がける。そして普段から演習時間をしっかりとり、自分で勉強が進められるように訓練しておくことも重要だ。もちろん、ノートだけで分からないことも多いのでそういう時は先生が横について解説をする(高校生の補習はこういう形では難しいので、この夏からは授業を録画して映像補習を行っている)。

           

           

          この夏も病気による1日〜2日の欠席から帰省や短期留学による中期の欠席までいろいろあった。補習では休んだ生徒を置き去りにしないよう、また一方で生徒達が「休まなければよかったな」という気持ちをわずかでももてるような関わりを同時に意識してきた(「休んでも補習があるから大丈夫」は避けたい)。目立った遅れはほとんどなく終了できたのでホッとしている。

           

           

          ただすべての補習が終わったわけではないので、講習終了翌日の今日も結局午前中から塾を開け、補習、質問、再テストである。正直結構きつい(笑)とはいえ生徒達も遅れを取り戻そうときちんと来塾するのだから、普段からの動機づけはまずまずうまくいっているのではないかと思う。

           

           

          欠席は避けなければならない。勉強優先の姿勢がないところに成績向上の芽は決して生まれない。ただし常識的な範囲での欠席にどう対応するかというのもまた、塾の運営としては重要になってくる。それが一番目立つ形で現れてくるのが長期講習を行う夏だと思う。多くの塾でどんな欠席補習が行われているのか、一度見てみたい。

           

           

           

          | gen | 塾全般 | - | trackbacks(0) | - |
          生徒をどう観るか
          0

             

            生徒を「見る」ではなく「観る」である。私の抱いているイメージでは、「見る」は短期的、瞬発的に生徒を観察して関わるスタート地点だ。授業中、自習中、また質問に来た生徒の様子や反応を「見」て、よりよい関わりを開始する。そこでの「見る」はこれまでの経験や知識が動員されて行われるものであり、生徒の学力の今後を方向づける大事ないとなみである。

             

             

            「観る」は日々の生徒との関わりを支える「生徒観」を想起する。子供たちを、生徒をどのように捉え、どのような指導をしていくかの原点となる、教育者としての核と言ってもいい。「見る」がいま・ここで発揮される教師としての力量ならば、「観る」はそれを中長期的に支える決意表明でもある。生徒の「観」方次第で「見」て関わる行き先は当然変化するし、「観る」のあり方は同じ塾講師でも驚くほど異なる。

             

             

            我々塾講師は基本的に学力一点において生徒達と接している。この点において、子供のもつさまざまな力や発達と関わる学校教員とは根本的に異なっている。教員は勉強、運動、リーダーシップ、優しさ、几帳面さ、根気のよさなどなど、多様な面から子供を評価できるが、我々は学力しか評価基準をもたない。「この子は勉強は苦手だけれど○○がいいですね。そちらを評価してあげましょう」など、我々塾講師は口にできない。我々は成績向上を旨に看板を掲げ保護者から大事なお子さんを預かっているのだから、勉強以外の評価基準をもち出すのは基本NGだ。

             

             

            勉強、学力に焦点化された塾講師の評価基準は、生徒の「観」方に大きく影響を及ぼす。端的に言って、塾には「勉強ができない・苦手」が、生徒の存在そのものを「劣」、場合によっては「悪」と観る土壌が存在している。「○○(生徒名)はできないからダメ」「やらないあいつが悪い」「あいつには無理。終わってる」などと生徒を切り捨てる「観」方が、多くの塾、塾講師に蔓延している。

             

             

            先日、とある塾講師対象のセミナーに参加した。開始前や休憩時間には知り合いや同じ塾から一緒に参加した仲間内でのおしゃべりがそこかしこから聞こえてくるが、この日のそれはちょっと不快なものが多かった。私の前に座っていた上司と部下であろう二人の会話。上司とおぼしき講師が教え諭すように語るのは、いかに生徒を御すかという生徒コントロールの「テクニック」。そして言葉の端々にもれる「ダメ」「無理」「終わってる」などのネガティブワード。とてもここでは書けないような話も多く、聞いていて苦痛だった。

             

             

            「できない」「やらない」に対する「観」方の違いを生むのは、生徒への愛情の有無などという情緒的なものではなく、塾講師としての己に対する(半ば無意識的な)立場の捉え方だと、私は思う。自分を生徒より大きな、上の存在として無意識的に捉え、固定化していれば、切って捨てるように生徒を「観」て・「見」て、関わるような態度につながることがあるだろう。一方で自分を生徒の随伴者として位置づけたり、生徒が自身を超えることを望むようなこれまた無意識的な態度は、その可能性を最大限に伸ばすような「観」方・「見」方と関わりを生み出すに違いない。会話に耳をそばだてるだけでなく、多くの先生方と実際にまたSNSなどでやりとりする中で、両者の違いというものをひしひしと感じてきた。

             

             

            「教える」という行為は上と下という立場の固定を常に伴う。どれだけ教授法に工夫を凝らしても、また自省的にふるまってもそこから完全に自由になることはできない。しかし、切って捨てるような生徒観は自分自身の小ささと尊大さの露呈であり、塾講師としてだけでなく人としてのあり方が問われる。私自身、自らがそうなっていないか常に反省的に振る舞わなければならないと思う。「生徒切り捨て観」に陥るのはまっぴら御免である。

             

             

             

            | gen | 塾全般 | - | trackbacks(0) | - |