無料ブログ作成サービス JUGEM
失われたものへの憧憬−『私はこうして執事になった』と『細雪』
0

     

    ちょっと前に、書評だかTwitterだかで知った『私はこうして執事になった』(ロジーナ・ハリソン、白水社)を読んだ。舞台は20世紀初頭から第二次大戦前後まで。その頃のイギリス上流階級の家庭に仕えた執事(butler)や従僕(survant)が、自身の仕事や雇い主との交流をふり返るという回想録だ。執事、従僕という身分が見た「古き良きイギリス」という趣で全編が彩られている。

     

     

    いまだ階級の名残があるとされるイギリスにおいても、莫大な財力と社会的地位をともに備えた貴族は第二次大戦前後に漸減していったという。財政基盤が縮小した貴族は自ずと使用人たち−執事、従僕、メイド、庭番、運転手、家付きコックなどなど−の数を減らし、それに伴って継承されてきた「仕える側」の文化やしきたり、矜恃も失われ、もはや前時代の遺物となってしまった。興味深いのは、かつての雇用者−上流階級と被雇用者−労働者階級という峻別が、却って両者の深い結びつきを可能にし、一方でその区別が緩やかになった昨今は両者の交流も交歓も乏しくなっているという逆説だ。違うからこそお互いを主張し、対立もするが、それが結びつきや尊重に転換することもある。一方で違いが峻別ではなく連続的なものになったことで、互いへの尊重よりも妬みや対立が誘発されやすくなるということか。単純な回顧もののつもりで読んだのだが、なかなか深みのある本だった。

     

     

    私は文学部出身だからか、こうした昔を懐かしむ物語には常にゆかしさを感じる。読み終わって好みの本を読めたという満足感と失われたものへの憧憬が交錯したが、はて、こういう感覚を与える小説が日本にあったよなと考えてみたところすぐに思い出した−谷崎潤一郎の『細雪』−。

     

     

    谷崎の代表作の1つと言えるこの作品は戦前の阪神地方を舞台に旧家の四姉妹が織りなす日常を描いたものだが、物語の芯を貫いているのが結婚の問題だ。作中では三十路を過ぎて婚期を逃した(!)三女雪子の見合いと結婚、また自由奔放な新時代の女性として描かれる四女妙子の恋愛が中心に描かれるが、すでに結婚している長女鶴子、次女幸子(ともに「婿」を迎え、本家と分家として家を構える)の描かれ方にも、当時の結婚という制度の性格が色濃く現れる。

     

     

    細かい部分は措くが、雪子の見合い、妙子の恋愛に際しては「身分」という意識が根底に横たわっている。代々の大店はすでになく現状は没落と言わざるを得ないが、大阪の旧家に生まれ育った姉妹の「家柄」「家格」に対する矜恃、また「使用人筋」「出入り商人筋」の人間たちの、姉妹たちに対するへりくだった−「身分をわきまえた」−態度。映画、ドラマなどで扱われる「身分差」というのはことさら彼我の差を印象づける描き方をされるが、『細雪』で描かれるそれは極めて自然で、まただからこそ消し去りがたいものとして存在する。そして結婚に際してはこうした「身分」は第一優先的案件であり、うまくいったり行かなかったりする原因は、まずそこに求められる。

     

     

    また結婚制度とは家父長制での「家」のあり方を堅持するものであることはいうまでもない。未婚の雪子、妙子の結婚や恋愛は本家の主人である長女鶴子の夫、辰雄が管理するものであり、勝手な行動は許されない。もちろん最終判断も辰雄に委ねられているが、新時代の曙光が見え隠れするこの時代、いつまでもそれに拘泥するやりかたは葛藤やすれ違い、軋轢を生んだりもする。

     

     

    舞台がイギリスであっても日本であっても、「身分」は社会的に否定されるべきものであり、それが生み出すさまざまな制度的差別、区別はもちろん、意識の上のそれも忘れ去られるべきものだ。そのことに全く異論はない。とりわけ門地で差別されるようなありようは断固として否定すべきであり、それは論を俟たない。

     

     

    しかし一方で、失われたものに対する惜別と憧憬は、私の中では消し去りがたくある。−『私はこうして執事になった』に描かれる貴族生活の豪奢な日常とその輝き。そこに仕える者たちの、ささやかな楽しみや労働の喜び。『細雪』に描かれる、新上中流階級の贅沢な消費生活と有閑。家父長制のもたらす窮屈だが強固な結びつき。−陽だけ見て陰を見ないとのそしりもあろうが、陰影ともに色濃いからこそ、ゆかしき文化の輝きがそこにはある。

     

     

    失われたものと手に入れたものはその価値も含めて常に相対的だ。そのことに思いを馳せつつ、個人的には陰影ある時代の文化の残滓を少しばかり肯定的な眼で眺めたいと思う。

     

     

     

    | gen | 読書 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    緩やかな滑り出しー新中1スタートー
    0

       

      今年の新中1は緩やかにスタートした。始まって約4週間たつが、英語はまだ単語のトレーニング、数学も正負の数の乗除に入ったところだ。

       

       

      勤務時代はとにかくスタートダッシュが肝心とばかりにかっ飛ばして授業をやっていたが、自分で塾を構えてからは中1の出だしは年々ゆっくりになっている(中2、中3はまた別だが)。今年はおそらく過去最もゆっくりで、なんだか自分でも心配になるくらいだ(笑)

       

       

      ゆっくり進める理由として、1つには「中1の最初からクラス定員がいっぱいにならない」というのがある。恥ずかしい話でもあるのだが、事実として進学塾Uineは中1の初めは大抵定員に余裕がある。徐々に入塾が増え、中2の初め頃にほぼ定員となる感じか。そんな状況でハイスピードで予習授業を行ったら、さすがに新入塾生の負担が大きくなりすぎてしまう。それを避けたいという思いが1つ。

       

       

      「新入塾生の負担」と書いた。「負担」を「負荷」と考えれば、適切に与えることは勉強において極めて重要なことがらだ。負荷のないところに成長は乏しく、負荷を乗り越える格闘こそが中学生にとって成長の源ともいえる。

       

       

      負荷は一線を越えると負担になる。その見極めが難しい。24年この仕事に携わっているが、今でも悩むし、失敗もする。塾での失敗とはすなわち退塾のことだ。せっかく出会えた生徒との別れが己の失敗によるものだとすれば、それは申し訳なく、悲しい。

       

       

      失敗を怖れて指導を加減することは塾を作った当初の志に反する。それは最も忌むべきことだ。しかし、自分の理想に準じるあまり負荷が負担に転じるのは、これもまた教育の末端を担うものとして、慎まなければならない。

       

       

      こんな背反する思いに悩みながら、年々中1生の指導は緩やかにスタートするようになっている。もちろん次第にペースとテンションを上げ、「いつもの進学塾Uineの指導」になっていくのであるが(実は「いつもの指導」も年々穏やかになっている。これはまた改めたい)、中学進学と新たな通塾という環境の変化は、生徒達にとってそもそも大きな負担であろうという思いが強い。

       

       

      年齢とともに丸くなったのかなとも思う。別にとんがり続ける必要はなく、丸くなること、自信の変化を受け入れる気持ちもあるが、そうならば別の部分で強さを磨いていかなければという思いもある。教務の精度、働きかけの熟練、教育に対する学びなおし…プラスの変化の余地が多いととらえたい。

       

       

      今日は単語テストだ。これまで何度も何度も繰り返してきた単語、約50個をまとめてテストする。十分な負荷だろう。合格できなければもう1度やる。できるまでやるのがいつもの進学塾Uineのスタイルだが、日程や目標はやはり緩やかにいきたい。新中1生、まだ時間はたっぷりある。

       

       

       

      | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      都立入試終了
      0

         

        都立高校の合格発表が行われた。進学塾Uineでは今年も残念ながら合格させてあげられなかった生徒がいる。その非はすべて私が負いたい。私の生徒は、みな最後まで努力した。その「受験道」は決して恥じるものではなかった。ただ、受験の神様が本番で少しだけそっぽを向いてしまったのだ。

         

         

        ふり返ってみて、今年の都立入試も前途多難を予期していた。12月、冬期講習直前の時期にまず大丈夫だろうと見込みを立てられたのは1名のみ。ほとんどが模試では下位判定を連発したり乱高下を繰り返したりして、ギリギリとの予測を立てるしかなかった。

         

         

        それ以降は例年通り過去問演習とそれぞれの弱点補強を個別に行う形で進めたが、今年は直前で「繰り返し」よりも「新規問題」に当たることを重視した。これは機会を改めて書きたいテーマだが、繰り返しで力を身につけよう・安定させようとするよりも、新規の問題に当たって経験値を高める方が今年の中3にとってはよいだろうと考えたからだ。こちらの思惑通り、過去問演習を進めるに従って点数は安定し、直前に行った最後の2〜3年分は全員が十分合格ラインを超えるところまできた。

         

         

        ただ、まだ未熟な中3生の「気持ち」を仕上げるには時間が足りなかったと言わざるを得ない。今年は5教科通しての集中を養うため、また本番での緊張や不出来挽回のシミュレーションを経験させるために過去問演習をすべて塾で行った。土日を利用し、午前3教科、午後2教科を本番同様に行う。緊張を強いるためにことさら言葉がけも少なくし、生徒同士のやりとりも最小限にさせたりもした。昨年は自宅での演習が多く、それが本番での試験マネジメント力の不備につながったのではという思いがあったからだ。

         

         

        しかし、1回勝負のもたらす過度の緊張や1教科ごとの出来不出来に気持ちが揺らぎ、力を出せないケースが相次いでしまった。「気持ち」が弱い生徒は本番の緊張に耐えきれず、うわずった気持ちを引きずって時間ばかりが過ぎていってしまったという。いつも通りにやってくれば、いや、いつもより少し失敗しても大丈夫なところまで仕上がった生徒も、そうした気持ちの揺らぎを抱えたまま、過去問演習からは考えられない得点を取ってしまったりもした。

         

         

        高校入試はつくづく難しい。ここがうまくいけばあれがダメ、こちらを手当てするとあちらが手薄になる、なんてことがよく起こる。今年はトータルの学習計画、それをもとにした導き、そして何より、生徒達の努力はしっかり整っていたと思う。ただ1点、本番で力を発揮するだけの気持ちを私が整えてあげられなかった。

         

         

        生徒全員の、本当に全員の努力を十二分にねぎらい、私にとっての課題を胸に刻印してひとまず筆を置きたいと思う。

         

         

         

        | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        「受験道」
        0

           

          ついに都立一般入試が明日に迫った。進学塾Uineにおいては埼玉県私立入試から約一ヶ月続いた入試日程もこれをもってすべて終了することとなる。

           

           

          都立第1志望であっても私立第1志望であっても、私がこの1年呼びかけてきたのは「何かを残せる入試にしよう」ということだった。一生に一度の高校入試にどんな痕跡を残せるのかが高校入試の価値だと、常に呼びかけてきた。

           

           

          我々の仕事は合格させることが第一義なので、受験の痕跡だとか軌跡だとかは、実は大声で言うべきことではない。受験のプロフェッショナルとして、お預かりした生徒達を合格に導くこと。この1点に我々の存在意義は大きく拠っている。

           

           

          生徒達にとっても、受験は合格することが第一目標であることに違いはない。合格と不合格ではそれからの人生が少なからず異なることになるわけで、目標とする学校に合格できるかできないかは、それこそ天と地ほどの差が出ることさえある。いくら過程が素晴らしくても、結果が伴わなければ意味はない。

           

           

          しかし、受験を合不合だけに焦点化してしまえば、指導も勉強も道を外したものとなる。

           

           

          合格ばかりを追い求めれば、我々塾側は「育てる」ことを軽視しがちになる。畢竟「昔から通っているできない生徒」より「中途から通ってきたできる生徒」に視線と熱量を傾けるようになり、指導や塾運営がゆがんでいく。また不合格にならないことを優先する受験指導をしたり、上位の生徒には合格実績のために不要な受験を勧めることさえするようにもなる。

           

           

          生徒達にとっては「行きたい学校」より「行ける学校」選びが優先され、甘い態度でも合格できるぬるい受験勉強に陥ることもある。「早く決まるから」と私立第1志望推薦を利用したり、直前までフラフラしていても合格できるような超安全志向での入試を選択する者もでる。

           

           

          そして何より、「合格」の二文字は塾の、生徒の、こうした「不誠実な」取り組みをすべて消し去っていく。塾にとって「多くの(○○校)合格者を出した・都立第1志望は全員合格した」という「事実」は指導の内実を厚いベールで包み込み、また生徒達にとっては手に入れた「合格」の二文字が、それまでの取り組みの甘さやぬるさを消し去っていく。塾にとっても生徒達にとっても、「合格」は輝かしい未来をもたらすだけでなく、あらゆることがらをリセットする強大な力をも併せもつ。

           

           

          先に「道」と書いた。受験に「道」、受験道などないとも言えるが、私は目指すべき道が確かにあると思っている。志望校に対する熱い思いと、それを実現させるための努力と、合格の二文字。これらが揃って初めて「受験道」が達成できるのだと、いまあらためて思う。私は自分の生徒達にこうした受験道を歩むことを求めてきたし、その意味で過程の充実を常に意識してきた。それは合格の二文字ですべてを消し去るようなプロセスではなく、1日1日、いや、この瞬間この瞬間に気持ちを賭ける取り組みを求めることで築いてきたものだ。

           

           

          もちろん合格を得られなければ受験道は完遂したことにならない。不合格は決して取り消せない。やり直せない。道半ばでの受験道の終了だ。生徒も私も心のどこかに大きな穴が開き、その穴が少しずつふさがっても、その穴の痕跡は時に疼き、苦い記憶を呼び起こすこととなる。その責は塾だけが負いたいが、それも叶わない。合格はすべてのマイナスを消し去るが、不合格はすべてにマイナスを刻印する。

           

           

          ただ、道を求めた生徒達には努力してきた軌跡が残る。最後まで受験と真摯に向き合ったという態度は、彼らの中に無形の財産として引き継がれる。私たちは、合格の二文字ですべてを精算するような取り組みは決してしてこなかった。合格は努力の軌跡の先にしかないと、繰り返し確認しながらここまで歩んできた。その思いを胸に、生徒達は不確実な受験に対し気持ちを振り絞ってきた。

           

           

          今年の中3生、それこそ色々な生徒がいた学年だった。率先して努力に自分を没頭させられる生徒もいれば、部活優先で勉強がままならない生徒もいた。取り組みの甘さやいい加減さに対し、これだけ叱ったこと学年もないだろう。それでも、塾を信じてここまでやってきた。私はその1点において、進学塾Uineの受験道の充実をみたいと思う。

           

           

          すべての生徒が万全の体制で受験に臨むわけではない。それぞれがやり残しや未熟に対する後悔を抱え、本番に臨む。しかし繰り返すが、努力の軌跡は、それぞれの形で確かにそこにある。

           

           

           

          | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          塾で「囲い込む」 その2 −本番環境をつくる
          0

             

            (前回の続き)塾で過去問をやらせる際にルール化しているのは「可能な限り本番と同じタイムスケジュールにのっとる」ことだ。開始から昼休憩、終了時間まで同じにすることは無理であっても、最低5教科(3教科)を1日でやらなければならない。それもテストだけを、である。塾でやると言っても1日1教科、2教科しかやらず、しかもマルつけや復習などのインターバルを挟んでやっては「囲い込む」意味がない。塾での過去問演習は、あくまで本番のシミュレートでなければならないと思う。

             

             

            生徒達は業者による会場模擬テストを受けてくる。進学塾Uineでは6月から毎月1回は受験することにしているので、各自6~8回は受験する勘定だ。ここで本番シミュレートをして「テスト勘」を身につけたいところだが、やはりできない者が少なくない。

             

             

            例えば大事な模擬テストなのに、緊張感が高まらない生徒がいる。こういう生徒は1教科目の国語の偏差値が露骨に低かったりする。「朝が弱い」などの言い訳が出ることも多いが、普段から緊張感、集中感を作る習慣がないから模擬テストなのに低いテンションで臨むことになってしまう。偏差値のばらつきが大きい生徒というのも、緊張・集中状況をうまく作り出せていないことが多いと思う。

             

             

            また都立志望者の場合、試験後半の社会、理科の成績、とりわけ最後の理科の成績が息切れしたように下がる者がいる。こういう生徒を塾で囲い込んでみると、集中、緊張がもたないことがはっきり見てとれる。普段の授業では気持ちを適度に「抜く」ことができるし、学校の定期テストのように1日2〜3教科(しかも慣れた環境)しかやらないとこうした弱点をなかなか自覚できないが、模試を受けたり囲い込んで緊張を強いると「発覚」する。こういう生徒は本番でも午後のテストで「大怪我」をしてしまうことがままあるように感じている。近年、都立の社理の難化傾向はよく言われるが、その原因とも言える「長い問題文」を読み切って設問条件や意図を把握するのには、より高い集中と緊張が欠かせないからだろう。

             

             

            集中、緊張とは別に、過去問演習には採点という問題もある。生徒にやらせるのか、こちらがやるべきなのか。本来的には自律的な学習の一環として生徒自身に任せることが理想だろうが、やはりある程度教える側が介入した方がよいと思う。時間管理の適当さと同様、採点も結構ルーズにやる生徒が多いからだ。私の見ている範囲では正解数を盛って点数をつけるような不届き者はほぼいないが、そこまででなくとも記述解答を「似ているからマル」とやったり、得点の合計を雑にやる(たいてい自分に有利なように)などはしょっちゅうある。完全添削まではいかないまでも、採点はある程度教える側がコントロールしてできるだけ適正な得点化を図り、また出来・不出来、分が悪い項目等を把握するのがよいのではないだろうか(教えている人数にもよるが)。

             

             

            先週の土曜日、初の過去問演習を行った。都立受験組はまだ社理で終わっていない単元があるのでとりあえず3教科だけだったが、いやはや、私立受験組も含め「塾で囲い込むことにしてよかった〜」というレベルである(笑)実際は笑ってなどいられないのだが、生徒達の様子から考えると、模擬テストの出来もむべなるかなである。塾でやるわけだから露骨にだらけたりはできない(それでも朝一の国語では舟を漕ぎ出しそうな者がいた!)が、集中、緊張が途切れがちな生徒がそこかしこに見られるし、さまざまな個別の問題がはっきり見えてきている。これから入試まで毎週過去問演習を行うわけだが、そこで集中・緊張感を養いながら、本番に必要な問題マネジメント力を身につけさせなければならない。

             

             

             

            | gen | 塾全般 | comments(0) | trackbacks(0) | - |